■リンク

■s.m.a.p

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■プロフィール

pon

Author:pon
頭の中は、ほぼ草なぎ剛さんで埋まっています(笑)
月日がたつにつれ、熱が冷めるどころか上がる一方です。今年もモーレツアタックな剛くんについて行きたいと思います(^-^)
こんな私ですが、どうぞヨロシク♪

■FC2拍手

遊びに来ていただいて、ありがとうございます!

web拍手

↑ 気が向いたらポチッとお願いします♪

■最近の記事
■お友だちブログリスト♪

■リンク
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■フリーエリア

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■メールフォーム

メールはこちらからお願いします♪  お気軽にどうぞ。いろいろお話しましょ!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ポンズラーくん

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5/8 ラジオ深夜便
5/8 ラジオ深夜便

午前4時台 〔インタビュー・スペシャル〕
  『韓国文化と出会って変化した10年(2)』

ゲスト:俳優・歌手 草 剛


(2011.5.9 am4:00放送)

※誤字脱字、聴き間違い・聴き落としなどあると思いますがお許しください
 相槌の部分、多少省略させていただきました。ご了承ください。
 




今朝は、昨日に続きまして、歌手で俳優の草なぎ剛さんに
「韓国文化と出会って変化した10年」というテーマでお話をお聞きします。
草なぎ剛さんは、デビュー20年。人気グループSMAPのメンバーとして
歌やバラエティー番組で活躍する一方で、演技派俳優としての評価も高まっています。
また、10年前から韓国語の勉強を初めて、韓国では「チョナンカン」の名前で親しまれています。
今年2月には、韓国語を生かして初めての翻訳作業に挑戦し
韓国のベストセラー小説の翻訳本「月の街 山の街」を出しました。
2回目は、草なぎさんが感じる韓国文化の魅力、翻訳作業の中での新たな発見
そして、これからの活動についてお話していただきます。
聴き手は、ラジオ深夜便 柴田祐規子アンカーです。

Q(柴田さん):インタビュースペシャル。昨日に引き続き、歌手で俳優の草なぎ剛さんに
「韓国文化と出会って変化した10年」と題してお話を伺います。
どうぞ、よろしくお願いします。

(草なぎさん)お願いしまーす。

Q:昨日は、草なぎさんが初めて翻訳した「月の街 山の街」という本のお話から始まりまして
少年時代の話、SMAPとしての活動のお話ですとか、
それから、韓国の言葉を学ぶ面白さなどをうかがって来ましたけれども、
今、韓国の現場でも「チョナンカン」というお名前でご出演になっていらっしゃるんですか?

今は、韓国での、仕事とかはチョナンカンとしてはなかったんですけど
以前…そうですね、8年くらい。8年間くらい、2000…2001年か…ら、8年間ぐらい
番組を日本で持ってて、韓国…まいしゅっ、ま、毎月ロケ行ってたとかして
韓国の番組にも、もちろん出たことがあったりとかして。

Q:韓国の、例えば映画の作り方、ドラマの作り方、日本と違いますか?

そうですねぇ、あの…僕もまぁ、そんなに詳しくはないんですけどー
あまり出てないので、でもぉ、週に2回放送するんですよ。韓国って。ドラマ。
だから、日本のドラマももちろんすごく大変なんですけどー
僕もちょっと韓国ドラマ出たときは、日本のペース、の倍…でしたね、やっぱりね。
すごく早くて。
だから…、もう、それは信じがたいですよね。
日本で僕らドラマやると、もう寝る時間もなくてぇ、相当大変なのに
1週間に2回も放送して、しかも~、だいたい日本のドラマって10話とか11話なんですけどー
20話以上あったりとかしてぇ、30話、40話とかあったりとかして(笑)
すっごいなぁと思ってぇ。

Q:じゃあ、撮るペースが速いってこと?

速いですね、めちゃめちゃね。なんか。なんですかねぇ、あれねぇ~。
「パリ パリ パリ!」って言うんですけど、「早く 早く 早く!」って言うんですけど
「パリパリ!」つってぇ、超早いんですよぉ~、なんかもう。

Q:リハーサル、しないんですか?

いや、一応リハーサルあるんですけどー、リハーサルでも、なんかOKだと
「OK OK、パリパリパリ! イドン イドン イドン!」イドンつってぇ(笑)
どんどんどんどん移動してぇ~、なんか普通に通行人がそこらへん通ってんじゃんみたいな感じ
見切れてんじゃんみたいな、そんなの関係なしに
「ケンチャナヨ ケンチャナヨ」みたいな感じでぇ(笑)

Q:「ケンチャナヨ」って、いいじゃないって…?

大丈夫、大丈夫、「ケンチャナケンチャナ パリパリ!」って感じでぇ
すっごい早く撮って~。でも、ちゃんとしてんですよ。画が。
あれは驚きましたね、なんかね~。すごい集中力があんですかねー。
アバウトなんですよ、なんかいい意味で、韓国の方って。大雑把っていうか~
細かいこと気にしないっていうかー
そういう、僕は、ところがあると思います。

Q:例えば、草なぎさんが韓国の現場で、日本人の役者さんとして行くわけですよね。

うん。

Q:言葉は全部韓国の言葉で、韓国の役者さんたちとやり取りすると

そう。

Q:どういうことを求められるんですか?草なぎさんには。

そうですねぇ~。面白くやってくれ、みたいな(笑)おもしろくやって、って(笑)
なんかもう、あんま細かいこと、あんま言わないっていうか
ま、役者さんによって、もちろん演技指導とかあると思うんですけど
僕の場合は、なんか、その頃キャラクターも、「チョナンカン」って言って
かなりこう…おチャラけたキャラクターだったので、そのままの感じでやってっていうか

Q:「チョナンカン」っていうのは、もともと、その「草剛」という名前を韓国語で読んだ
読み方の役者さん…というか、タレントさんとして

そうですね。

Q:活躍する、愛されるキャラクターになっていく

韓国の方はほぼ、みんな僕のことを「チョナン、チョナン」って、言いますねー。
CDも出したことあっ、あるので、韓国で。なんか、そのイメージが強かったりー
「草なぎ」って、クサナギっていうよりか、やっぱ言いやすいみたいで
だから…このあいだ、ドラマやってたんですけど
そこでも、コンサンウだとか、チェジウさんが、出演してくださったんですけどー
なんか、普通に、コンサンウとかチェジウ シは、「チョナン、チョナン」って
僕のことは言うんですよ。

Q:「冬のサクラ」というドラマに、チェジウさんたちがお出になった

はい。友情出演で来てくれた時に
普通に「チョナン」とか呼ばれると(笑)、よく考えると不思議だなぁっていうかー
あ、名まえ、僕ふたつあるんだなー
でも、それもー、「チョナン」も草なぎなんだな、と思って
韓国…ネーム?をもらえてる気がして、読んでもらうと僕もすごく嬉しいし
ほぼ、韓国の俳優さんは「チョナン、チョナン」って
こう…親しみ持って接してくれているので
イビョンホンさんとかも、みんな、すごく温かくて、ほんと、親しみを込めて
「草なぎ」ってよば、呼ばなくて(笑)「チョナン」って、呼んでくれるので
なんか僕はそれは、自分が…何年か、まぁ、10年勉強してきたりとか
少しなんか、僕自身もなんか、韓国の方に認められてるような気がして
「チョナン」って韓国の方に呼ばれるのが、僕はすごく、あの、嬉しいですね。

Q:2002年のワールドカップぐらいから、若い人も、それからお年を召した人も
韓国を身近に、文化的に身近に感じられるような機会がやってきて
それから、たくさんの人が韓国に、たとえば観光で遊びに行くような機会も
増えてきましたけれども、行くと日本とのいろんな違いがありますでしょ?

うん。

Q:草なぎさんは、どこが魅力ですか?その、違いで。

そうですねぇ…。温度。温度、温度差っていうか。ひとの。
なんか、返し方とか、言葉の返し方とか、パンパンパーンって返ってくるスピードだとか
そういうのはなんか早い気がしますよね。韓国の方が。
食堂なんか行っても、すぐなんか、
キムチとかお惣菜みたいのがパンパンパーンって出てきたりとか
で、そんなのが全部タダだったりとかー。ちょっとこう潔いところっていうか…なんだろう。
言葉の返し方にしても、「いいじゃない、もうそんなの」みたいな
気にしない、気にしないっていうか。
おばさんとか、すごい強いですし。韓国のおばさんって。
日本で言うと、大阪のおばさんとかなんかも、そういう温度差なのかな?なんか。

Q:エネルギッシュ…な感じですよね。

エネルギッシュで。
ほんとにもう…みんな知ってるからー、って感じで肩叩いてきたりとかー
そういう温度差は、なんかすごい好きなところですね。
情熱的ですね。やっぱりね、なんか。
家族…のこととか、友だちのこととか、先輩後輩っていうなんか
そういう関係性とかがハッキリしてて、大切にするものを、わかりやすく大切にするっていう
そういう…ところがなんか、日本と違うところかな、と思いますね。

Q:まぁ、あの、日本だと、親しければ言わなくてもきっと通じるよね、って
ま、あうんの呼吸なんて言葉もありますけれども
言わなくても、きっと以心伝心で伝わっているよねって思うようなところが、ハッキリあらわす…

そうですね。そこは、全然たぶん、違う…ところですね。
わりかし、僕なんかも、あまり口で言ったりとかしなっ、しないタイプなんですけど
韓国の同世代の人と、インタビュー、なんかすると
斜に構えてる自分だとか、シャイな自分だとか。
言葉ではっきり…出さない自分が、恥ずかしくなったりとか。
もっと、パンパンって言えばいいことなのに
なんか、結構そっちの方がこう、カッコイイかな、なんて思ってたりするんだけど
表現がストレートで。韓国の方は。
ま、なかなか、日本帰ってくると、また日本モードになって
シャイになって(笑)んー、無口になっちゃう…傾向があるんだけどー
パンパーン!と、はっきりストレートに物を言う、ところも、すごく僕は憧れてます。

Q:昨日うかがってましたけれども、子ども時代に、けっして不愛想にしてるわけでもないのに
なかなか感情が、周りに伝わりにくかったり
あるいは、役者さんとしての仕事を始めようとした時に
喜怒哀楽の部分が伝わりにくい、と言われたりっていう、
そういう草なぎさん自身が感じている、感情を出しにくい自分と
韓国にいる人たちの、ものすごく感情をストレートに出す文化って言うのが

そうですね

Q:逆だから、惹かれるんですかね?

そうですね。なんか、自分の中に無いものを補ってるっていうところはすごくありますね。
韓国の文化だとか、人とか。
なので…ほんとに僕にとってはなくてはならないものになりましたねぇ…
人ってでも、そういうとこあると思うんですよ。
自分の中に無いものを、何かでこう補ったりとか、憧れだったりとか
これからどうなるか、もちろんわからないんですけどー
10年くらい韓国というものに接してきて。この翻訳してる時もそうですし
家族愛だとか、兄弟愛だとか、友だちとか。
わりかし僕は冷めてる…ほうだったので。とくに今回、これ翻訳して、これ読んで。
なんか、自分の中に無いものを補えたんじゃないかな、と思います。

Q:今年の2月に出版になった「月の街 山の街」という本が
これが、韓国では、イチョルファンさんがお書きになって
シリーズで360万部の大ベストセーラーということで

はい

Q:それを、草なぎさんが1年がかりで翻訳されたと

はい。

Q:こう中身を拝見しますと、29の短編が入っているんですね。
でも、全部フィクションではなくて、韓国で実際に合った実話をベースに
つくられたお話しであると

はい。

Q:とても短いお話しなんですけど、展開が、例えばドラマチックだったり

そうですねぇ。うんー。

Q:こんな展開は、無いんじゃないかしらっていうくらいに
ひとつの物語の中でどんでん返しがあったりしますよね。

そうですねー。
ま、実話に…少し着色している部分もあると、言うふうにはいってるんですけどー
突拍子もない…例えばお父さんが足…悪くないのに、4年間、足の補助機をつけてたりとか
日常では考えられない、考えられない行動を取る方がいるんですけど
なんか、そこには全部愛があって、それがやっぱ実話なので
こう…読んでる僕たちも、納得できてしまうっていうのがありますね。

Q:もともと韓国ではシリーズとして100篇近くあるものの中から
日本訳するにあたって抜粋をしたと。29篇抜粋したと。

はい

Q:で、29篇の中でも、草なぎさんご自身こがこう翻訳しているときに
この作品は、お気に入りだな~、とか

「蛍の光」っていうのがね。
あの、すごい、一番泣きましたね。

Q:翻訳しながらですか?

はい。
なんで、自分でもここまで感動するんだろうって思うくらい(笑)
涙が止まらなくて…

Q:主人公がギョンファっていう、大学の教授なんでしょうか?
ギョンファっていう女性が大学の教授で、で、そのお母さん。
お母さんは、ギョンファを育てるために、ずっと大学で、ま、お掃除の…

そうなんですよね。

Q:仕事ですよね?をしていると。で、その親子の物語ですよね。

そうなんですよねぇ~。
母の…すごい、ほんとに深さだとか、愛情っていうのが
ものすごくなんか伝わってきてー。
暗闇の中に光をさしてまわりを明るくするっていう
よく日本、の文だとよくあると思うんですけど。暗闇の中に光をさすって。
このお母さんは、暗闇の中…に、なお自分がもっと暗くなって
周りの暗闇を明るくする、というような描写があったんですけど
それを僕が読んだときは、もうなんか、こう…戦慄が走るっていうか
雷に打たれたような気持ちになって。
母の深さだったり。子どもを育てるって、まさしくそういうことなのかなと思うし。
不安じゃないですか、子どもを育てることって。
で、毎日…このお母さんは、30年間のあいだ、20年か30年間のあいだ
寒いんでしょうね、韓国ってね。寒い冬でも、痛めた腰を隠して
毎日、学校に通って、掃除行くわけですよねー。
たぶん、朝方…出ていくし、真っ暗だし、お金もなくて、どう育てていったらいいのかっていう
なんか、母の悲しみとか、愛情の深さとかっていうのが、すごい表れてて
とにかく感動した文でしたねぇ…

Q:どうして、「蛍の光」っていうタイトルなのかなと思ったら
会話の中に、ギョンファ、娘が
「お母さん、ありがとう。お母さんを見ると蛍を思い出す。
やせ細ったからだの片隅に、ちょうちんをぶら下げて
チカチカと暗闇を照らしてくれる蛍よ」
っていうセリフが出てくるんで、ハッ、そういうことかー

うん、そう。僕も、ほんとに感動しましたね。そこはねぇ。
画がすごく浮かんできて。暗い中、バスを待ってる、母の姿が。
だけど、そこで、娘からすると、蛍のように輝いてる母っていうか。

Q:言葉を、韓国の言葉をしゃべるというのと
韓国の言葉で物語を日本語に置き換えて書く。違う作業ですよね。

そうですね。でもあの…語順がほぼ一緒なんで。日本語と韓国語って。
英語みたいに逆になったりしないので
非常にだから、翻訳はしやすいですよね。英語なんかより。
韓国語で読んでても、すんなりこう、僕は入ってきて涙が出てくるので
調子良く乗ると、すごくスラスラできますね。

Q:いろんなお仕事の合間に、翻訳の作業されていくわけですよね。

はい。
先生に、横にいて、僕がこう、韓国語を日本語でこう読んだのを
ま、テープで録ったりとか、僕が口で

Q:じゃ、草なぎさんがまず韓国語でこの物語を読んで

いや、韓国語でもう読まないで、あ、自分の中で、見てこう変換して、日本語で

Q:日本語で?

はい。読んで。それが一番、早…いですよね。はい。
だ、録音するのが早いですね。書くよりか。

Q:へぇっ!もう、その場で…口述筆記みたいな感じですよね。
口述翻訳っていうのかしら。すごいですねぇ~

でも、それが一番、楽、ですねー。読んで録音するのが。
句読点まで、日本語で、読めるので。
でも、もちろん、わかんないっ、ところは、訊いて。
男なのか、女…なのかとかー、会話のところとか
あと、植物とかがけっこう出てきたので、そういう専門的な植物はよくわからなかったし。
ま、でも、会話の部分は、読んで、もう日本語で読んでっていうのが、一番早かったですね。
ま、わかんないとことかがあったら、移動中とかに、先生に言葉訊いたりとか
して、やりましたね~。

Q:家族が、登場するので、家族の関係性だったり、暮らし方…もあたりまえですけど
日本と違いますから。例えば、麦茶の中に

うん

Q:はと麦茶ですね。

はい

Q:はと麦茶の中に、奥さんがお砂糖を入れるべきところをお塩を入れて
夫に渡してしまったという、ま、物語に出てくる。
日本人が読むと、はと麦茶に、お砂糖もお塩も両方入れない

入れないよ。
韓国の方、入れるんですよね。あの、甘くするのが結構好きみたいで。
麦茶とか、そういう習慣はありますよね。うんー。

Q:そういう、習慣の違いがいっぱい、いろんなところに出てきますよねぇ

そうですね。結構出てきますよね。習慣の違いねー。
やっぱり…兵役もね、日本ではないですし。戦争だったりとかー、そういうものを
もっと身近に感じてるところとかー

Q:兵役があるから、けがをしてる人、あるいは、その、体が不自由な人が登場する物語が
たくさんある…

それはありますね。ありますね。まぁ、兵役…だけではないんですけどー
韓国の作品って、これに限ってはないですけどー
けっこう、体の不自由な方とか、ストレートにバーンって出して、映画にしちゃうものとか
もうちょっと、日本だとオブラートに包んで、こう表現するんですけどー
結構多いんですよね、障害の方…を。
だから…それは韓国の特徴かもしれませんねぇ。うん。包み隠さずっていうか。
まぁ、あの、作品によって表現方法は違うので
どちらがいいっていうのは、もちろん無いんですけどー
僕が思うに、こう日本のものだと、もう少し前後のバランスとかをこう考えて
作品とかを作ると思うんですけど
韓国の場合って、あんま前後の関係を(笑)、あんま考えて作ってないから
結構…唐突だったりするんだけどー
とくにこれは実話だったりするのでぇ、すごく納得出来ちゃうし
人が怒ったり、喜んだり泣いたりする…のに、
どういう意味で、泣いてるのか笑ってるのかって、本人はそんな考えてない、ないんですよ。
ない、と僕は思うんですよ。あえてバランスとって
こういう件だから、こういうふうに感情持って行こうとか、この本には無いので
だから、急に読んでても、涙が流れてしまったりとかー
へんにバランスを取ってないんですよね。この本って、やっぱり。
だから…出てくる人も、なんか、ほんと剥き出しの感情だったりとか
剥き出しの愛情だったりするので、急に不意突かれたように(笑)
僕の心にもグッっと入ってきてー、不意を突かれたように涙がこう、でてきてしまって。
だから、ほんとに困りましたね。全部こう…翻訳するのに。涙が止まらなかったので。
他にもほんと、たくさん…涙した、「クリスマスの贈り物」とか
そこも兄弟の話なんですけどー、お母さんが亡くなってて。
ピョルって、星ってピョルっていうんですけどー
ストレート、そのまんま、お母さんはお星様になったから
お母さんとして、犬に「ピョル」っていう星っていう名づけたりとか
もう、そのままじゃん!(笑)って思ったりするんですけど
またその、お母さん…だとした犬が急にいなくなって、星になるんですけどぉ
お兄ちゃんと、弟に話しかける件とか、すごい好きで。
お兄ちゃんに、「あなたは、お兄ちゃんだから泣くんじゃないよ」って言って
そこも、僕はなんか、韓国の兄弟関係をすごくあらわしているなって思うんですけど
どんなに小さくても、韓国は、お兄ちゃんはお兄ちゃんだから泣いてはいけないんですよ。
なんか、日本の感覚だと、子どもだから…泣いても仕方ないなっていうような感じなんですけど
韓国では、やっぱり「ヒョン」って言葉があったりするくらいなので。アニキ、兄貴っていう。
だから…どんなに小さくても、弟がいるあなたは泣いちゃだめよっていう…ところが
僕はなんかこう、すごい好きで。

Q:草なぎさんの翻訳だと
「悲しいときは、そんなふうに星を見上げるの。涙が出ても、グッとがまんしなくちゃね。
あなたには涙を拭いてあげなくちゃいけない、小さな弟がいるんだから。」
っていう、お母さんのセリフになってますけど

うん。
ま、これはこのままでしたね。

Q:家族の繋がりの濃さもそうだし、目上の人を敬う、大事にするっていうの
たくさん出てきますよね。

そうですねぇ。
ほんとにもう、それが全てと言っていいくらいに、大事にするんですよねぇ~。
みんななんか、親の写真とか持ってたりとかして(笑)。家族の。

Q:韓国の現場で、例えば韓国の人たちとお仕事するときなんかに感じること…?

感じるんですよねー(笑)お母さんの写真とか、持ってんですよー。
なんか、不思議なんですけどー。
でね、一緒に買い物行ったことがあるんですけどー
日本に来て、ま、韓国の友だちなんですけどぉ
お母さんの写真とか急に出して、うちのお母さんに合う、どれが合うか?みたいな感じで
店員さんに見せたりするんですけど、それが普通らしいんですよ。
お母さんの写真持ってるって、普通ありえないじゃないですかー(笑)
日本人の僕らからすると。家族写真とか持ってたりとかー。
で、韓国のお宅に遊びに行くと、家族写真って絶対貼ってありますよね。

Q:あー、そうなんですか~。

リビングに、全員の、なんか写真館で撮ったような

Q:おばあちゃん、おじいちゃんまでいるような、一族っていう感じですか?

一族までは行かないかもしれないんですけど、お父さんお母さんいて、兄弟みたいな。
今に貼ってありますよ。大概。
あんま、居間、日本って居間に、ま、貼ってないことはないと思うんだけどー
額にいれて、結構貼ってあるんですよ~。うんー。
あれ、ふし、不思議だなっていうか、やっぱ家族をそこまでやっぱ大切にしている証拠なんでしょうね。

Q:やっぱ、そこが韓国の、まぁ、儒教的な文化なのか、歴史的にも大事にしてきている部分で
家族の繋がりとか、目上の人を立てるとか

は、ある。あるんですよねー。

Q:あと、男はやっぱりこう、強くあらねばっていうような部分もありますよね。

そうなんですよ。そう、男は。ありますねぇ~
面白いですよ。なんかそう、面白いっていうかぁ、いろんななんか、興味を持つっていうか。
その割には、離婚率が…高いんですよ。韓国って。
なんか、情熱的で愛情深いって言われてるんですけどー
離婚率が一番高いんですって。だから、熱しやすく冷めやすいんですよねぇ~(笑)
だから、作品の中でもすごく泣いたりとか、するのかなと思ったりー

Q:あぁ~。ま、だから確かに、韓国の映画を見ても、ドラマを見ても、
面白いのはアップダウンが、ジェットコースターのように

ありますよねー。

Q:ねぇ、1話の中で必ずドキドキしちゃうようなところがあったり
だからこの、翻訳された「月の街 山の街」でも
短い、ほんの数ページの短い物語でも、アップダウンがありますよね。

うん、そうですね。喜怒哀楽が激しいというか。
なんかでも、いつも、その時その時に一生懸命なんですよね。
すごく、熱くもなれるし、笑うし、豪快ですよね。そんな気がしますね。
だから、そういうところも、僕好きですし。

Q:じゃ、そういう部分をあえて、その日本の人にわかるように、
何か言葉を補足して訳そうというのではなくて、このまま、どうぞ読んでくださいっていうふうに

そうですね、なんか本当に、うまく…訳そうとか、素適な言葉使おうとか
そのまま、棒読み…じゃないですけど
それのほうが、人の心に受け入れられると思ったので
あまり飾り立てないで、翻訳しました。

Q:今回は、被災地へのチャリティーの物資の中にもこのご本をね、入れて送られたということで

そうですね。あの僕が持ってる、ま、そんなにたくさんはなかったんですけど
ま、10冊程度なんですけど、送らさせていただきました。
本が、すごく被災…被災地の方にとって、あの、一番早くなくなってしまうものみたいなので
少しでも役に立てればいいな、と思って送らさせていただきました。

Q:昨日、そして今朝と、草なぎ剛さんに「韓国文化と出会って変化した10年」というテーマで
お話をうかがってきましたけれども、
草なぎさんがデビューをされて、SMAP、今年が20周年ということで

はい

Q:キャリア20年以上だけれども、まだ30代の半ばでいらして
今、何をしたいと思いますか?仕事としては。

今というか、東北の…大きな地震がすごく、忘れてはいけないし
このあいだもマーチンJっていって、ジャニーズ事務所がおこなったものがあったんですけど
そこにたくさんの方が来てくれたりとか。やっぱり、日本がすごくこう不安の中…で、
みんな生活してたりするのが、やっぱりよろしくないと思うので。で、今も被災して大変な方もいるし。
僕らはやっぱり、明日に…希望を持ってもら、持ってもらいたい、手伝うことが出来たらっていう
一番やっぱ大きな気持ちがやっぱあるので、少しでもなんかこう…悲しんでる人とか
大変な人がいると、元気…になれるような、発信したいですね。
せっかくやっぱり、こうやって…テレビだとか、ラジオだとか、出る、出演する…人間なので
やっぱ、聴いてもらってる人とか、元気が、持ってもらいたいですね。
それがなんか…テーマっ、になってくる…

Q:以前に、あの、雑誌に連載されていた草なぎさんの記事を拝見していたら
伝える立場である、発信する立場であるということを意識して行かなくちゃいけないんだな、
っていうようなことをお書きになっていて。
やっぱり今、とくにそういうことを意識されるのかもしれないですね。

そうですねぇ。たぶん…テレビ…に出てるタレントさんはみんな、何が出来るかなって思ってて。
SMAPのメンバーでも、どうしたらいいのかなって、今回の地震のこととか話しあって
ま、いろんな…ことを言う方っていらっしゃると思うんですよ。偽善的だったりとか。
でもなんかもう、ほんとにそういうふうに言ってる場合ではなくて
やっぱ、出来ることを始めるのが大事だし。
こうやって、話して、僕らが歌を歌ったりテレビに出てることで
元気になってくれる方も、たくさんいらっしゃるっていうふうに聞いているので
東北の方、とくに、今、東北の方、被災してる方が
少しでも元気…になる、ものをなんか提供したいなっていうのは、ほんとあって
なんか、それは、いろんなことに繋がっていくと思うし、日本全体のことにもなるし
やっぱり…助け合って…行かないといけないんだなと思うので
なんか、ほんと模索してますね。どういう形がいいのかなぁ~って。
だから、僕らのお仕事って、みなさんの、日本のみなさんの基盤がしっかりして…る上で
成り立つお仕事だったりするので、ほんとに難しいところがたくさんあるので
みんな、メンバーとかも…模索しながら。少しづつですけど、復興に向けて、なんか…
明日っていう日は来てしまうのでぇ、どんなに悲しいこととか、辛いことがあっても。
だから…少しでも、すごく幸せな朝を迎えられるように
一緒に、頑張って、明るく、ほんとしたいなって気持ちはありますね。

Q:安定した状態じゃないと、エンターティメントを楽しめないっていう考え方がある一方で
今、こういう状態だから、例えば音楽だったり、例えば物語だったりを
読みたいんだ、聴きたいんだ、観たいんだっていう方もいらっしゃるでしょうからねぇ。

そうですね。んー。
そういう方がやっぱり、ほんとにたくさんいらっしゃるって僕らも聞くので
あの、自分たちの出来ることをやって行こうと思ってます。

Q:それと…このあと、例えばこんな仕事をしたいとか
こんなSMAPになりたいみたいなことは?

そうですね。たくさーんあるんですけどぉ。
20周年なので、やっぱりなんか、グループで、コンサートもやりたいなーと思ってるし
20周年だから、なんかイベント…やりたいなと思うし
ひとつひとつ、突き詰めていくとキリがないので、でも…僕らの仕事って
ここ…が限界だとか、これでOKだ、これでいいんだっていうのがないので
可能性が無限としてあるので、常になんか、上を向いて
あの…満足を、いい意味で、満足しないで。
SMAPっていうグループ、僕、すごい好きだし
他のメンバーも…もちろん好きだと思うし
1×5が、5にならないグループ、だと僕は思ってて
10倍にも、20倍にも、なっていく…面白いなんかメンバーと、偶然に、僕ら集められて
無限の可能性を秘めてるグループだと思うので
いつまでもなんか、お互いが刺激し合って、面白い活動をしていきたいですね。

Q:ほんとに、10代の少年たちがひとつのグループになって、20代の青年期を過ぎ
今、30代とか、あるいは40代を迎えてらっしゃるメンバーの方もいると思うんですけれども
大人の男性のグループになってきましたよね。

楽しみが増えていくっていうか。
みんな、大人にはなってるなけど、変わらない部分っていうのもたくさんあってぇ(笑)
その…ギャップが、年々すごく出てくる…んですよねぇ。やっぱり。
大人になる部分は…あるんだけど(笑)、変わらない部分があるから、どんどん
大人な部分と離れていくのでー、なんか、そのギャップがなんかねぇ
魅力にもなって行くんじゃないかなぁと思ってぇ。
このあいだもなんか、バスケットとかやったりとかして、5人連続入って~
抱き合う感じになったんですけど(笑)
ま、滅多にああいう瞬間はないんですけどー、出会った10代とか(笑)
10…4歳とかの気持ちと、ほんとにこの人たち変わってないんだなーと思って
それはなんか、すごく嬉しいことだったし。
大人の面は、もちろん増えてったり、大人として見せていくところっていうのは増えてったり
大人になんないと歌えない歌もたくさんあると思う、思うんですけど
かわいらしい子どもの部分とかっていうのも、ま、忘れることない
いい意味で、バカなっていうか、素直ななんか…
素直ななんか5人が、いるっていうのが、すごく嬉しくて。
そういう人たちって、あんまり…いないじゃないですか。長く活動して。
だから、すごく大人の部分と、いつまでも変わらない子どもの部分を持ち合わせて
うまい具合に、みんなが刺激し合って、化学反応を起こして
輝きあえるような、あの、グループでいたいですね。

Q:それぞれのみなさんが、それぞれの現場で、
例えば役者さんとして演じることもあるだろうし
あるいは、ご家族を持ってる場合もあるでしょうし
でも、SMAPっていう場所に集まった時は
みんな、少年時代のある時点にも戻れるし、いいホームになってる…

そうですねぇ~。年々、そうなってきますよねー。
友だちとかってぇ、パラパラ減ってっちゃったりするじゃないですかぁ。
なんか、小学生…だった友だちが、中学校になったらいなくなって
高校あったらいなくなって、社会に出てったらパラパラ…減ってっちゃったりとか。
SMAPて…友だちとかでも、家族とかもな、でもないんだけどー
ようするに、生きて…いてSMAPやってると、離れることがなくてぇ
不思議なんですけどー、仲のいい親友と集まったときに子どもに戻れる場所が
感覚がそれに近いのかなー、と思ったりするし
戻る場所があるっていうのは、幸せだなって思ったりしますねぇ。

Q:そういう場所を大事にしながら、一方で、それぞれのメンバーが
それぞれの活動もしていくと

んー。すごく僕も刺激もらえるんでー。他のメンバーがドラマやったりとか。
すごくみんな、変わっていくんですよね。ドラマとかやったり、役とかやると
やっぱり、いい役者さんだなって思うし、
歌なんかもみんな、あぁ素敵だな、うまいな、と思ったり
個々個々、舞台やったりとか、いろんな仕事やるんで、僕もすごく刺激になるんで
僕も、だから常になんか、他のメンバーに刺激与えたいなって思うし
そういうところはやっぱ、お互いありますねー。

Q:草なぎさんで言うと、今度こんな役やってみたいっていうのありますか?

そうですねぇ、なんか…去年は、すごくたくさんやったんですよ。
「1778の物語」っていう映画だとか、任侠SPっていうのがあったりとか
橋田さんの「99年の愛」、5夜連続やったりとか
あと舞台もやったんですよ。舞台やって、「冬のサクラ」やって
去年1年間は、台本を手放す時がなくて、随時ずーっと、何かの台本持ってたんですよね。
で、今年はねぇ、「冬のサクラ」終わったら、パタっとね、もう役がなくなってしまって
なんかすごくねぇ、今は、でもなんか、心が穏やかっていうか…ちょっと落ち着いて
去年、なんかすごく走ったんで、去年はもう、がむしゃらに走ったので
今の時期は、ちょっと去年のこと思い出したりして。なんか充電してるっていうか
次の仕事来るかわからないんですけどぉ~(笑)くれば嬉しいんですけどー
役が、僕のことを、呼んでくれるんじゃないかなっていうか。
役って、やりたい役っていうのも、もちろんあるんですよ。自分では。
結構、いい人が多かったので、悪役やってみたいなーとか、
ちょっと意地悪そうな役やってみたいなーとか、は、あるんですけど
それこそ、僕を見て、考えてくれる方がもしもいらっしゃったら
「あ、剛くんだったら、こういう役も出来そうなんじゃないかな」とか
めぐり合わせがあると思うので、役が僕を呼んでくれないかな、と思って
今、あの、期待してる最中っていうか。

Q:いろんな役になりきれる、染まっていける、入りこめるっていうのは
無色透明な草なぎさんがいるから、それぞれの役になれるんだと思うんですけど
今、だから、ちょっと透明に1回戻して、次の役を今度はどこに行くかなって
待ってるような…

そうですね、なんか。
そういう…そういう感じはイイですねぇ。
やっぱり…よくね、真っ白なキャンバスに…じゃないと、いろんな絵は描けないので
常に真っ白な状態ではいたいと思いますね。透明だったりとか。
余計に色をつけてしまうと、なんか役が来た時に染まれなかったりするので
常に、ピュアであるっていうか。心が。
なんか来たときに、その色に染まれるような。
ま、そうするにはどうしたらいいか、よくわからないんですけどぉ(笑)
毎日そうしたら、ぼぉーっとしてればいいのかなって思ったり
そんなわけにもいかないわけですよねー(笑)
それこそ、つかさんが、なんか教えてくれたんですけどー

Q:つかこうへいさんが?

はい、つかこうへいさんが。
なんか、おまえは、そのままでいいんだよ。
って、よく言ってくれて。つかさん…その、蒲田行進曲、舞台をお仕事した時に

もういいんだ、おまえは。
おまえ、そのまま舞台出てって、好きにやれ。
失敗したら、オレが責任取るから。
おまえ、好きにやればいいんだ。

って、おっしゃってくれたんですよ。
僕は…その自然体のまま…がいいみたいで、考えてお芝居するよりか
そのまま…でやればいいって、つかさんがおっしゃってくれたので
それを思い出すと、普段からも、あんまり考えないで
そのまま生活して生きてれば(笑)、いいんじゃないかな、なんて思うんですよね。

Q:そのままの草なぎ剛さんに、いつのまにか、いろいろな。そのまぁ、キャリアとか
年齢とか、経験とかを積んで、草なぎさん自身が変わっていったときに
また、やれる役の幅もね、いつの間にか広がってるのかもしれないですもんね。

うん。

大人になるって、よく、みんな悩むっていうか
何が大人なんだろうとか、大人にならなきゃいけないなとか、
思うじゃないですか。ひとって。
大人とかって、あんま無理しなくても、こう…ならざるおえないときがあったりとか(笑)
どっちにしろ大人になって行ってしまうので
なんか、ムリに背伸びしたりしなくてもいいんじゃないかなって思ってて、僕は。
ちゃんと…ちゃんと、なんか、毎日生きてると
ちゃんと大人になっていくので、悩むことは大事だなと思います。
自分…のことについて考えたりとか、試行錯誤するっていうか。
やっぱり…無色透明で、真っ白な自分がいいっていっても
やっぱり何も考えないでぼぉーっと生きてると(笑)よくないと思うんですよ。それは。
だ、いろいろ考えて、考えて、悩んで。
人生って、たぶん一人、一回。ひとりじゃないですか。
だから、いろいろ悩んだ方が楽しいんだ、と思ったりとかするんですよね。
1回きりだし。悩むのも、なんか楽しみのうちっていうか。
そんな感じです。

Q:そうやって悩んで、また次の10年、草なぎさんはどんなふうに変化していくのか

フフフ(笑)なんか、おかしな話になりましたね。

Q:それはきっと、あの、楽しみにしていらっしゃる方、ファンの方はもちろん

大丈夫ですか?(笑)

Q:(笑)いっぱいいらっしゃると思います。

悩んで生きろみたいなさぁ~(笑)

Q:昨日に引き続き、歌手で俳優の草なぎ剛さんに「韓国文化と出会って変化した10年」と題して
お話をうかがってまいりました。
これから、さらに、草なぎさんが変化していく様子、楽しみにしています。

すいません、なんか。最後はなんか、とりとめのない話になってしまいまして。
でもなんか、応援してくださるファンの方もたくさんいるので、
東北の方で、ほんとに被災されてる方も、困ってる方たくさんいるので
僕らSMAP、そして草なぎ剛、頑張っていきますので
一緒に頑張りましょうっ!

Q:ありがとうございました。

ありがとうございました。


インタビュースペシャル。「韓国文化と出会って変化した10年」。その2回目。
歌手で俳優の草なぎ剛さんに、柴田祐規子アンカーがインタビューしました。
今のお話にもありましたが、SMAPの歌をお聴きいただきましょう。
「セロリ」です。
……
失礼しました。「世界にひとつだけの花です」
(曲~♪)

スポンサーサイト

テーマ:草なぎ剛 - ジャンル:アイドル・芸能

未分類 | 02:25:46 | Comments(10)
コメント
ありがとうございます♪
いつもパワスプレポ拝見し、感謝しています。
深夜便は二日とも何とか起きて聞けましたが、このように文章化してくださると、ほんとにわかりやすくて、何度も読ませていただこうと思います。
大変な作業、本当にすごいですね!ありがとうございました!
剛君のお話をじっくり聞けて、本当に深夜便には感謝です。
聞き手の方が一生懸命に聞いてくださり、剛君も話しやすかったのかもしれませんね。改めて、じっくり話を聞けば聞くほどに、草なぎ剛という人物に魅力を感じました。色んなことを考え、傷つきながらも、一生懸命に歩いてきた彼の今までの道程を、彼の言葉で聴くことができて、本当に嬉しいインタビューでした。録音したテープは永久保存版ですね。
それにしても、いつもながらのいい声にうっとりでした。あの時間帯で聞くと格別ですね。このまま時間が止まればいいのに、なんて思ったくらいです。笑いを交えての楽しい時間でした。剛君とずっと話がしたくなりました。もちろん、そんなの夢ですけど、一度でいいから、一晩でも語り明かしたいもんですね♪
2011-05-10 火 02:39:41 | URL | くうみん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-05-10 火 05:47:42 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-05-10 火 06:40:38 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-05-10 火 08:38:55 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-05-11 水 12:01:15 | | [編集]
くうみんさんへ
お久しぶりです!
お返事、遅くなってしまってごめんなさい。

深夜便、ほんとに素敵なインタビューでしたね。
相変わらず、一生懸命に伝えようとしている剛くんの様子が目に浮かびました。
きっと、インタビュアの方が一生懸命聴いてくださっていたんでしょうね。
今まで何度も聴いたことがあるエピソードも
また違った角度から聴くことが出来た気がします。
わたしも、このテープは大切にしたいと思います。

そうですね、剛くんの声ってなんてステキなんでしょうね。
ほんと、一晩中お話を聴いていたいです。夢でもいいから♪

2011-05-15 日 16:50:56 | URL | pon [編集]
MARIさんへ
はじめまして!
お返事、おそくなってごめんなさい。

そうでしたか、録音失敗しちゃって残念でしたねぇ。
でも、リアルタイムで聴けて良かったですね!

剛くん、本当にいい声してますよね。
一生懸命に話してる姿も目に浮かぶようでしたね。
剛くんの魅力がいっぱい詰まった
とってもステキなインタビューだったと思います(^-^)

また是非遊びに来てください。
お待ちしてます♪



2011-05-15 日 16:55:38 | URL | pon [編集]
sakura草さんへ
こんにちは!
お返事遅くなってしまって、ごめんなさい。

聴いてる時はレポしやすそう、と思ったのですが
始めて見たら思いのほか長くなってビックリしました。
それだけ、一生懸命、たくさんのお話をしてくれたってことなんですね。
2日間、たっぷりと放送してくれて
NHKさんには、本当に感謝ですよね!
わたしも、朝から幸せな気分にひたりました(*^-^*)

2011-05-15 日 17:00:52 | URL | pon [編集]
すずちゃんへ
いつも、ありがとう!

うん、今はたっぷり充電してもらって
また、次の新しい剛くんに逢えるのを楽しみにしていましょうね♪

デビュー20周年。
みんなが楽しめるイベント、やってくれるといいですね。
期待しましょう(^-^)


2011-05-15 日 17:04:00 | URL | pon [編集]
sakuraちゃんへ
いつも、ありがとう♪

お子さんたちの遠足は、どうでしたか?
先週は、あんまり天気に恵まれませんでしたね。
お姉ちゃん、あいかわらずおやつは和菓子なのね(笑)ステキです♪

2日目だけでも、聴くことが出来てよかったですね!
剛くんの声は、ほんと癒される声なんですよねぇ。
朝から幸せな気分になれましたね♪

そうですね。
今は落ち着いて、今までのことを振り返ったり出来ているのかもしれませんね。
この時期に橋田賞の授賞式があって、きっと良かったんですよね。
これをまた糧にして、新しいステキな役に出会ってくれたら嬉しいですね。
きっと、役が呼んでくれるはず♪ ネ。

2011-05-15 日 17:13:12 | URL | pon [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。