■リンク

■s.m.a.p

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■プロフィール

pon

Author:pon
頭の中は、ほぼ草なぎ剛さんで埋まっています(笑)
月日がたつにつれ、熱が冷めるどころか上がる一方です。今年もモーレツアタックな剛くんについて行きたいと思います(^-^)
こんな私ですが、どうぞヨロシク♪

■FC2拍手

遊びに来ていただいて、ありがとうございます!

web拍手

↑ 気が向いたらポチッとお願いします♪

■最近の記事
■お友だちブログリスト♪

■リンク
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■フリーエリア

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■メールフォーム

メールはこちらからお願いします♪  お気軽にどうぞ。いろいろお話しましょ!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ポンズラーくん

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
祝! 『山のあなた』公開♪
『山のあなた ~徳市の恋~』、公開おめでどうございます

撮影がはじまった1年前から、本当に楽しみだったんですよね。
このテンプレート、ブログをはじめた頃(去年のGW頃)からずっと同じなんですけど
これ、あの頃「山のあなた」を勝手にイメージして選んだテンプレートなんです。
だから、この映画が公開されるまでは変えないでおこうって思っていて。
その、楽しみだった映画が、待ちに待った映画が、とうとう公開です!わあ~い

初日舞台挨拶、行って来ました!
正直なところ、舞い上がってしまってあんまり覚えていないんです。
かすかな記憶をたどって、思い出せることだけ…
ウル覚えなので、もしかしたら記憶違いもあるかも知れませんがおゆるし下さいネ。

長くなっちゃったんで隠します。

拍手、いつもありがとうございます!
とっても嬉しいです。
お返事は、↓に書かせていただきましたので、
お心当たりの方は、読んでいただけると嬉しいです。






ツヨ友ちゃんが頑張ってくれたおかげで
肉眼で表情が確認できるくらい前の方の席で拝見させていただくことができました。
映画上映の後、軽部さんの司会で舞台挨拶が始まりました。
剛くんの衣装もマイコさんの衣装も、ブランチと同じでした。
登場順は忘れちゃったけど、並び順は、加瀬さん、マイコさん、剛くん、堤さん、広田くん。
最初は剛くんの挨拶から。
今日はね、剛くんもちゃんと上映後の挨拶だってわかってたみたい(笑)
挨拶の内容は、いつも言ってるのとだいたい同じだったと思うんですけど。
淡い恋のお話です~。で、家族や友だちに今日の感想を話してもらえると
たくさんの人に観てもらえるようになると思いますので、よろしく!みたいな感じかな。
石井監督は寝坊して遅刻したためにこの場にいなかったらしく。そのことをネタにしておりました(笑)
舞台挨拶開始10分前に、「今起きました」ってメールがスタッフさんに届いたそうです。
きっと、大慌てだったんでしょうね~。
こんなことって、前代未聞ですよ!とか言ってましたけど。
「撮影のあいだは遅刻なんて一度も無かったんですよ。
なのにこういう大切な時だけ寝坊するなんて、やっぱりすごい人です。」
みたいなことを、かなり力を込めて話してました(笑)
あと、なんだったっけな~… 見惚れすぎて、聴いたことが完全にとんでる
(なんか間違ってるような気がしてきたんで、一部削除しました。スミマセン
 思い出したら、また足すかもしれません。)

加瀬さんは、とっても静かな方なんだなって印象でした。それがとても素敵で。
軽部さんに、ふたりは同い年で「亮」「剛」って呼び合う仲だとふられ
ちょっと顔を見合わせた後、剛くんが「亮!」って呼んだんですけど、加瀬さんはなかなか口にできず。
剛くんが小声で(でもマイクで 笑)「剛って呼んで」って言ったんですが、それでも言えず
もう一度「剛って呼んで」って言われ、ようやく「剛…」って。
ビストロでは、結構あっさり「剛」って呼んでるけど、本当はあれも結構間(ま)があったんだろうなって勝手に想像しちゃいました。
言えずにいる長い間(ま)が、全然イヤな感じじゃなくって、
むしろほのぼのしていて自然と微笑んでしまうような、そんな感じでした。
加瀬さんが忙しいって会社の方に愚痴ると、
「スマップはもっと忙しいから」と、もう何年も言われてきたそうで
だから、同い年でも上にみてしまうって話してました。
そういえば、軽部さんが二人のことを「27歳」って言って
剛くんが、「27歳じゃないですよ、33歳ですよ。なんで27歳なんですか」ってつっこんで
軽部さんは「年齢がとんじゃって、冗談をいってるようにごまかそうとしたんですけど」みたいなことを言ってました。
剛くんのつっこみに、自分の間違いをごまかしきれなかった軽部さんでした(笑)

堤さんは、監督が寝坊したことについて話をふられ
「じゃあ、僕が監督をしたってことにしてください。僕の初監督作品ってことで…・」
みたいなことを言ってましたが
舞台挨拶が始まる直前に「今日は初日なんだ、完成披露じゃないんだね」って確認してたことを
軽部さんにばらされて苦笑いしてました。

覚えているのはそのくらいで… なんでもっと覚えていられないんだろう、情けない
マイコさんは、とってもキレイだなって思いましたけど
テレビでみたときも思いましたが、映画と実物とは別人みたいで。
あんなに現代的な方なのに、映画の中では着物が似合う落ち着いた大人の女性なんですよね。
すごいな~、って改めて思っちゃいました。
剛くんは、相変わらず話をしている人のほうをしっかり向いて聞いてました。
そして、時折客席をグルっと見渡すんですよね。一番後ろの席までしっかりみてるって感じで。
口には出さないけど、みんなのことちゃんと見てるからね、って言ってくれてるようでした。
剛くんは、そうやっていつもファンの気持ちを考えてくれてるなって気がしてすごく嬉しい。
あと、あの立ち姿がすごく好きなんですよね。足をちょっと前後にずらして、背中をピッとのばして。
それで、マイクを顔の横に持っていってちょっと小首をかしげる感じ… わかんないよね
結局は、剛くんのことだったらすべてが良く思えちゃうんですけどね(笑)

そのあとサプライズ企画があって、出演者にお客さんがマッサージをしてもらえるということで。
浴衣でいらした方に手ぬぐいのプレゼントがあったんですが、その中に番号が入っていて
剛くんにマッサージしてもらえる方は、その中から選ばれるということに。
剛くんが好きな番号を選ぶことになって、初日の日付にちなんで「24」番の方が選ばれました。
加瀬さん、マイコさん、堤さんにマッサージしてもらえる人は、浴衣以外のひとも対象になっていて
それぞれが座席番号で選んだんですけど、マイコさんが選んだ小さい女の子以外は二人とも浴衣の方でした。
堤さんは、いつでもとなりの広田くんのことを気にかけていて
マッサージのときも、堤さんが選んだ方を最初は2人でマッサージしていたのですが
そのうち、広田くんがお客さんをマッサージし、堤さんはなぜか広田くんをマッサージし。
それにのっかって、剛くんが堤さんをマッサージしにいって、
なんだか汽車ポッポって感じでした(笑)
剛くんは、本格的にマッサージしてるって感じでした。すごく慣れた感じで。
マッサージされてる方は、本当に緊張されてたみたいで(あたりまえですよね)
「マッサージなんですから、リラックスしてくださいよ」なんて言われていましたが、ムリでしょう(笑)
剛くんは時折かがみこむようにして話しかけながらマッサージをしていて。
その声はマイクには入ってこなかったんですが
剛くんのあの声を耳元で聞けるなんて、なんて羨ましい~!って思っちゃいました。
マッサージ自体よりも、そっちのほうがうらやましく感じるponでした(笑)

そのあと、出演者が一度舞台わきに引っ込んで、写真撮影の準備に。
舞台わきのドアが開いていたので、
引っ込んだ時に笑顔で堤さんに話しかける剛くんの姿が、ほんの少しだけ見えました。
準備が整ってから、いつもテレビなどで映る、客席中央での写真撮影がありました。
撮影場所まで客席の通路を通って行く時、剛くんは通路わきの方と握手しながら移動です。
今回は、みんなでなにか言うという設定は全くありませんでした。
なので、撮影してるあいだ中、大好きな横顔をたくさん見させていただきました♪

もうね、ともかくカッコイイ!ため息が出るくらいステキでした
残念ながら、わたしが座った席は出演者の方が歩いたのと反対側の通路脇だったんですが
もし、こっち側の通路を歩いてくれてたら卒倒しちゃったかも(笑)
とっても幸せな時間を過ごさせていただきました!

後から聞いたはなしだと、石井監督は2回目の挨拶にはまにあったそうです(笑)
それから、テアトルの舞台挨拶にも剛くんがサプライズ出演したそうで。
夜には舞台とスマステが控えているのに、ほんとうに頑張り屋さんですよね。
それだけ、この映画を大事に思ってるってことだと思うし(どの作品に対してもそうですけど)
ファンのことを大事に思ってくれてるんだな、って感じて
ますます、この人のファンになって良かったなって思いました。

それから、映画の感想を少しだけ。
剛くんがおかゆのような映画って言ってる意味がわかる気がします。
前半は、ほんとうにおもしろくって、思わず笑ってしまうような感じで。
最後まで、穏やかな気持ちで観ることができる映画ですね。
特に感情が高ぶるようなこともなく、落ち着いた気持ちで観ることができました。
そして、ラストの徳さんが走る姿に涙がこぼれました。
美しい風景と自然の音、それから音楽。それらもこの映画の魅力ですね。
日本っていいな、って改めて思いました。
月並みな感想ですが、そのまんまを感じて帰ってきました。
剛くんが好きだって言ってた、美千穂さんと道で出会うシーン。
あそこ、わたしも好きだな~。美千穂さんがすごくイイ!ものすごく可愛らしくって。
あと、按摩軍団がいい味出してますよね~。
そして、やっぱり徳さん。剛くんをまったく感じない徳さん。すごいな~。
徳さんに会いに、また映画館へ行かなくっちゃ!

そうそう、グッズがあったのでビックリ。
入浴剤とクリアファイルと温泉まんじゅう(笑)
帰る頃には、クリアファイルと温泉まんじゅうは売り切れでした。
あと、湯のみとストラップも近日発売だそうで。
クリアフォルダーは、買っちゃいました♪写真じゃなくて、鯨やだけどネ。

クリアファイル


あと、私事ですが(いつも私事ばっかりですけどね 苦笑)
今週は、ずっとお会いしたいと思っていた方々にたくさんお会いすることができてとても幸せでした!
まったく初対面の方もいらっしゃいましたが、お会いできてほんとに良かったなって思います。
初めてお会いする方ばかりだったんですが、そんな感じはまるでしなくて。
やっぱり、みんな趣味が同じですから(笑)話が合わないはずがないんですよね。
お世話になったみなさん、ほんとうにありがとうございました!
そして、こうやって出会うキッカケになってくれる剛くんにも大感謝です♪

余計なことばかりが長くて、肝心な舞台挨拶の話があんまりなくてごめんなさい


*** コメントありがとうございます ***
05/24 21:20 Nさんへ
全然うざくなんかないですよ、嬉しいです!
おかげさまで、生剛くんを堪能させていただきました。
もう、ほんとウットリするくらいキレイなお方です。
浴衣は着ていきませんでした。
でも、着ていらした方がみなさんステキだったので
今年は浴衣を買おうかなって思いました。
Nさんのおっしゃること、とってもよくわかります。
わたしもそうだと思いますよ。
そんな関係が、結構いいなって思います ^-^
大歓迎ですので、またよろしくね♪


スポンサーサイト

テーマ:草なぎ剛 - ジャンル:アイドル・芸能

映画 | 10:16:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。