■リンク

■s.m.a.p

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■プロフィール

pon

Author:pon
頭の中は、ほぼ草なぎ剛さんで埋まっています(笑)
月日がたつにつれ、熱が冷めるどころか上がる一方です。今年もモーレツアタックな剛くんについて行きたいと思います(^-^)
こんな私ですが、どうぞヨロシク♪

■FC2拍手

遊びに来ていただいて、ありがとうございます!

web拍手

↑ 気が向いたらポチッとお願いします♪

■最近の記事
■お友だちブログリスト♪

■リンク
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■フリーエリア

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■メールフォーム

メールはこちらからお願いします♪  お気軽にどうぞ。いろいろお話しましょ!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ポンズラーくん

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スマッシュ 11/9 その2
スマップ パワースプラッシュ 11/9 後半です。

どうでもいい話 ~ エンディング

※誤字脱字、聴き間違い・聴き落としなどあると思いますがお許しください。
  また、聴き取れなかったところは@@@@@になってます。ごめんなさい





<どうでもいい話>
し:どうでもいい話ー。さっそく読みます。
(お便り:① とうもろこしを一粒づつとって食べるのが好きです。
      ② お父さんの給料が、一万円上がりました。
      ③ ガムはいつも飲んじゃいます。
      ④ ネバネバしたものを食べると、ちょっと興奮します。
      ⑤ 弟がお父さんとケンカして勝ちました。
      ⑥ お父さんは、鼠先輩にソックリです。)
つ:うん。
し:という、6作品。
つ:うん。
し:どちらが?
つ:とうもろこし、美味しいよな~って思って。
  一粒一粒とるの、昔はやってたけど今はやらないなー、と思って。
し:んー。
つ:おいしいよね、夏のとうもろこしって、甘くてさー
し:んー。
つ:あのねー、あー、今年一番おいしいって思ったのがー
し:うん。
つ:馬の練習しに、ねぇ、ちょっと長野の方に行ってたんだけどー
し:うん。
つ:そこで食べたトウモロコシが、抜群だったね!
  なんか、近くの畑で採れたらしいわけよ。
し:うん。
つ:もうねー。ほんっとにもう、ホンっとに美味しかった!
し:へぇ~。
つ:あー、自然の味ってこういうんだと思って。
  あのー、もちろんレストランで?食べるいろんなイタリアンとかもさ
  東京って美味しいけどさー
し:んー。
つ:もうほんっとに、ちょっと田舎の中でー、なんにもしていない
  もう、塩も全然やってない感じの、ただ茹でただけなんだけど
し:美味いよね~。
つ:美味かった!
し:ときどきロケでさー、
つ:うん。
し:いろんなところに行ったりしたときに、そこで畑で採れたものっつって
つ:うん。
し:食べさせてもらってさー。
  そうすると、洗わなくてもいいよ、そのまま食べちゃいな~とか言って
  そのまま食べたりするの、すっごいおいしくて
  それを、アマノッチとウッディーと3人で食べて。すっごい楽しかったなぁ、あの番組。
し&つ:フハハハッ(笑)
つ:哀しい感じになっちゃったね。
し:終わっちゃったからね、
つ:さびしい感じになっちゃったね。
し:天声慎吾、終わっちゃったからねぇ~。
つ:このあいだ来てたじゃん、ウッディーとアマノッチ。ライブに。
し:そうそうそう。
つ:じゃあさ、今になったらさ、オレとか… オレのほうが会うんじゃん?
  僕のほうが会うよ、ウッディーとアマノッチ。アマノッチ、よく「ぷっすま」に来んのよ。
し:あー、そうそう。
  それはね。最終回にね、二人にね、二人に電話番号と携帯の、教えましたよ。
つ:あ、ホントに。
し:11年越しにね。
つ:あ、ホントにー。
し:最終回の、最後の最後に教えたんです。
つ:あ、そうなんだ。
し:そう。
つ:へぇー。電話かかってくる?
し:アマノッチは、メールが来ますよ。『「ぷっすま」行ってきました~』って。
つ:あ、ホントにー。
し:うん。来ますねー。
  ウッディーは、一切音沙汰ない(笑)んだけど、どうなっちゃってるんだろーねぇ~
つ:超ウケる。
し:そうなんですよー。
つ:へぇ~。
し:おもしろかったよ、終わった後、打ち上げで。
  打ち上げ、みんなスタッフがいるところでー、そこでアマノッチがオレの携帯に電話して
つ:うん。
し:横に座ってるの。
つ:うん。
し:でも、初めて電話するわけよ。10年くらいかけてないの。にして、オレの携帯が鳴って
  「もしもしー」って言ったら「うぉー!繋がった~!」って
つ:横にいんのにー(笑)
し:そ。
つ:あ~、そうかぁ~。
し:んー、@@@@@@(声が小さくて聴き取れませんでした…)
つ:(笑)終わっちゃいましたねぇー 
し:(笑)終わっちゃいましたねぇ~
つ:終わっちゃいましたねぇ…
し:まぁ、僕は、あのー、
  ネバネバしたものを食べるとちょっと興奮しますっていうのをみて、興奮しますっ。
つ:んふふっ(笑)
し:(笑)それでは、ここで1曲。あの、マイアヒーを大胆にサンプリング。
  T.I.フューチャリングRIHANNA「LIVE YOUR LIFE」
(曲~♪)

<普通のメール>
し:普通のメール。ここから何かが生まれるかもしれません。生まれないかもしません。
  それが普通ってことです。普通に読みます。
(お便り:わたしは、時間の感覚がおかしいと言われます。
      1時間くらい経ったかなーって思うと2時間くらいだったり
      駅から家まで10分くらいって思っていたら、弟は絶対5分だよって言うし。
      特別何か損したわけでも得したわけでもないのですが、
      なんとなくずれてるようなんです。
      だいたいこれくらいかなって思う時間が人と違うみたいです。
      これって、なんなんでしょうか。
      時計はなんとなく10分進めていて、早めに行動しようと心がけています。)
つ:はい。なるほど。ま、普通のメールですね、ホントにね。
し:うん。
つ:まず、時間の感覚ってさ、その人のやっぱりさ、あのー、うんー、
  その時の気持ちがさ、結構おっきいんじゃないんですか?
  10分だってさぁ、ね、たとえば授業中とか長く感じるじゃん。
  でも、楽しいことしてたらね、10分はあっという間だし。
  コンサートなんかも、あっという間でしょ?だって、3時間半。
し:そうだね~。
つ:3時間半さ、たとえば、この狭い部屋にひとりでいてみな?長いぜ~(笑)
し:そっねー。
つ:そういう気持ちじゃない?
し:つまんない映画の3時間半。
つ:長いよねー。
し:なんか、すっげー長いのに
つ:うん。
し:つまんない映画の3時間半って、超長くない?
つ:うん。舞台とかね。
し:うんー。
つ:そうそうそう。
し:時間の感覚、どうですか?自分。
つ:僕ね、ある方だと思う。でも、やっぱり、なんか集中しちゃったりとか、そうすると。
  一番すごいと思ったのが
し:うん、
つ:今回のライブで、僕ピアノやってるじゃない。
し:うん。
つ:ピアノね、家に帰って、練習してて、
し:うん。
つ:ビックリしたのが、気がついたら3時間とか経ってるわけ。
し:あー、わかるね。
つ:す~ごい、とか思って。あれは、だから。やっぱ集中してんだろうね。
し:んー。
つ:パッと見たら、あー、もう寝ないと、みたいな。
し:僕、結構仕事場でね、集中してるのか、あまりにも気にしなくなったのか
つ:うん。
し:見ないんですよ、時計を。ほとんど。
つ:うん。
し:見ても気にしてないというか。
  朝一から仕事してたりすると、何本かこう、いろんな仕事して仕事して仕事して。
  で、自分の中では、もう暗くなった時点で夜中12時前くらいとか。
  でも、あれが残っててヤバいなー、と思ってパッと時間見たら、6時半とかなの。
つ:うん。
し:えーっ!みたいな。
つ:まだ、6時かよ~
し:朝早くから、いっぱいやってるから
つ:うん。
し:そんだけ時間が経ってるって感覚で、もう勝手になってんのに
  まだ6時半ってことは、あと6時間くらいオレ働くのかー、と思ってグッタリするわけですよ(笑)
つ:じゃあ、時計見ない方がよかったじゃない(笑)
し:そう、そういうこと時々あるね。
つ:あるね。うん。
し:もう一枚、いってみましょうか?
(お便り:自分の声は大嫌いです。ビデオで見る自分の声を聴くととてもヤな気分になります。
      自分で聞こえてる声と全然違うものなのでビックリします。
      他の人はビックリしないのでしょうか?お二人はもう慣れてしまいましたか?
      それとも、最初から全然気にならなかったですか?)
つ:あー、わかる!これ、わかる。
  最初そうだった、オレも。もう慣れちゃってるけどー
し:うん。
つ:事実、ちがうんですよ。これ、自分が発してる声と自分が聴いてる声って。
し:うん。
つ:これは違うんだって。だけどー、慣れるよ、これ。
し:うん。
つ:昔、すっごい覚えてる、それオレ。
  なんか、テープレコーダーで録ったときにー
し:うん。
つ:これが自分の声か!みたいな衝撃受けたことあったよ、オレ。
し:うん。
つ:でも、慣れた。もう。やっぱり。
  声って、重要だからね。
し:おもしろいねー。僕らはもう、普通じゃないですか。
つ:うん。
し:だけど、普通、僕らみたいなお仕事じゃないとなかなか声聴く、ないかもね。
  最近は、でも、ビデオカメラとか、動画とか携帯でもあって、それで見る機会が多いのか。
つ:んー、そうなんだよね。
し:見ない、聴かない人は、聴かないで生きてる人もいるんじゃない?
つ:そうだよね。うん。
し:録音した自分の声。
つ:そうだよねー。それはね。
  ぼくらはね、こうやって、いろいろ映像とかさ、映画、ドラマとかあってね、聴けるけどね。
  普段、ほんと、普通の方っていうかさ、そう、あえてなんかしないと聴けないよね
  なんか買ってきて、録音したりとかしないとね、聴けないわけだから。不思議だよね、声って。
  なんか、もともとすごい不思議だと思うのは
し:うん。
つ:みんな、器官は一緒じゃん。できてんのは。のど。
し:うん。
つ:でも、なんで声の色って違うんだろうね。ウケない?だって。
し:そりゃ、だって、作りがちょいちょい違うからでしょ。
つ:それで音が変わってんの?
し:そうでしょ。
つ:えー!?そう、そうなの?
し:そりゃ、そうでしょ。
つ:えーーっ!マジで?不思議じゃない?
し:そんなに言ったらキリがないよ。
つ:やー、不思議だよ。声って。
  だって、いろいろ整形できても、声は整形できないでしょ?
  顔とかさ、こういうのはいじれるけど、声はさ、もう変えられないんだよ?ウケない?
し:えぇー?
つ:変えられないでしょ?
し:できんじゃない?声も。
つ:イヤ。どうなんだろう?出来ないでしょ。
  だってさ、よく犯人とか、なんか調べるときに、
  いっちばん明らかにわかるのは、声とかでわかっちゃうらしいよ。年齢とか。
し:ふ~ん。
つ:だからー、繕えないわけですよ。
し:ふーん。
つ:年齢とともに、やっぱり声って低くなったりするじゃない。
し:うん、
つ:だから、その、電話の声の感じで、この感じは何十代だとか
し:うん。
つ:らしいですよ、だから。
し:ふーん。
つ:ね。ハイ。
し:はい。そんなところでしょうか。
  それでは、ここで1曲行きましょう。
  PUSSYCAT DOLLS 「I HATE THIS PART」
(曲~♪)

<エンディング>
し:おしまいです。
つ:おしまいです。
し:お便り、いつでもウェルカムです。
つ:はい。
し:コンサート、やってます。
(曲:ココロパズルリズム by smap)
し:ニューアルバム「super.modern.artistic.performance」絶賛発売中です。
  まだ聴いてない人は、ぜひぜひお買い求めいただき、聴いてほしいアルバムでございます。
つ:はい。
し:このアルバムとともに、コンサートに来てもらえたらな、と思います。
つ:はい。
し:宛先!
つ:(宛先~)たくさんお待ちしております。
  さ、今月のマンテ、「人肌恋しい話」。どんどんどんどん、ぶっちゃけてください。
  ということで、今日はね、ほんとに最後までね、聴いてくれた方ありがとうございました。
し:ありがとうございます。
つ:また、ライブ会場でもお会いできる方たくさんいると思うんで
し:はい。
つ:そんときは、一緒に盛り上がりましょう。
し:ソウデス♪
つ:お相手は草なぎ剛と
し:香取慎吾でした。
し&つ:バイバーイ!


  
スポンサーサイト

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

スマッシュ | 00:50:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。