■リンク

■s.m.a.p

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■プロフィール

pon

Author:pon
頭の中は、ほぼ草なぎ剛さんで埋まっています(笑)
月日がたつにつれ、熱が冷めるどころか上がる一方です。今年もモーレツアタックな剛くんについて行きたいと思います(^-^)
こんな私ですが、どうぞヨロシク♪

■FC2拍手

遊びに来ていただいて、ありがとうございます!

web拍手

↑ 気が向いたらポチッとお願いします♪

■最近の記事
■お友だちブログリスト♪

■リンク
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■フリーエリア

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■メールフォーム

メールはこちらからお願いします♪  お気軽にどうぞ。いろいろお話しましょ!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ポンズラーくん

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スマッシュ 9/27 その1
スマップ パワースプラッシュ 9/27 前半です。

オープニング ~ 普通のメール


※誤字脱字、聴き間違い・聴き落としなどあると思いますがお許しください





<オープニング>
し:みなさん、こんばんは。香取慎吾です。
つ:もう、9月も終わっちゃいそうです。草なぎ剛です。
し:はい。
つ:というわけで、すっかり秋…ですね。
し:あっ。こち亀、終わったな。きのう。
つ:おっ、おめでとうございます。
し:これ、日曜日。今日。
つ:そうですね。
し:昨日、土曜日。最終回だ。26日。
つ:おー、ついに。
し:ついに、オンエアも終わりましたー。
つ:終わりましたー。
し:任侠ヘルパーは?
つ:もう、終わってますね。もう、14日。今月の14…18日か。
し:先に終わってるんだ。
つ:17か。
し:終わりましたか。
つ:うーん、ついにね。
し:撮影も終わりましたか。
つ:うーん。
し:どうですか。
つ:燃え尽きましたねー、もうねぇ~。
し:燃え尽きた。
つ:うんー、最後のね
し:うん。
つ:あのー、タイヨウの施設の中でねぇ
し:うん。
つ:乱闘シーンがあったんだけどねぇ
し:うん。
つ:それは燃え尽きたねぇ~
し:燃え尽きた。
つ:うんー。こち亀、どうでしたか?
し:こち亀はね、最後のね、ラストカット
つ:うん。
し:クランクアップの日
つ:うん。
し:撮ってるときに、部屋が燃えるシーン
つ:うん、うん。
し:任侠ヘルパーの
つ:うん、うん。
し:あったでしょ。
つ:ありましたね。10話、10話にありましたね。最終回前。
し:あの、部屋が燃えるのを、僕が撮ってるすぐ横で撮ってた。任侠ヘルパーのスタッフが。
つ:あ、なんか言ってましたね。
し:そ。そんでオレ、消防士の格好だったの。
つ:うぉ~(笑)
し:たまたま。
つ:あってるんですよね、それが。
し:消防士のカッコで、部屋燃やすところに行ったの。
つ:うん。
し:観に行ったの。消しま~す!って(笑)
つ:じゃ、両さんが消火してくれた(笑)
し:そうだよ。
つ:裏設定で(笑)
し:そうそう。まぁ、ま。また、あとでそんな話も。
つ:はいー。
し:えー、行きましょう。
つ:じゃー…今週も行ってみましょうー。
  リンキンパークのボーカルである、チェスターのソロアルバムから一曲です。
  DEAD BY SUNRISE で 「FIRE」
(曲~♪)

<マンスリーテーマ>
つ:マンスリーテーマ、略してマンテ。2009年9月のマンテは「わたしとキノコ」。
  秋の味覚、キノコを大募集しました。今週でラストでございます。さ、紹介していきましょう。
(お便り:ひとり暮らしだと、キノコを食べる機会ってなかなかありません。
      ひとりでご飯作るとき、スーパーでキノコを買って何か作ろうって全然思いません。
      おふたりは、キノコくを買うことありますか?何を買いますか?)
し:あるよ~ (ん?慎吾くん、あくびしながらしゃべってる? by pon)
つ:キノコ、買いますか?
し:うん。
つ:好きだもんね。
し:好き。
つ:うん。何のキノコ買う?
し:ときどきー、あの、プリプリりの椎茸。
つ:うん。あ、プリプリの椎茸。
し:デカめの。
つ:あぁ~、どんこみたいな、なんか。
し:うんー。
つ:うん。
し:だけどー、焼く… いざ買っちゃってから焼くのがめんどくさいなっと。
つ:あー、うん。あとは?
し:網とかで焼くのがうまいじゃん。
つ:うん。
し:やっぱりさ。
つ:うん。
し:だからー、トースターで焼いてるの。
つ:トースターで?
し:うん。魚焼き機がないの。
つ:うん、うん。
し:んね。魚焼き機で焼く…といいじゃん。
つ:うん。
し:無いからー、トースターで焼いてんの。
つ:あ、ほんとにー。
し:アルミホイル、下にひいて。
つ:ん。オレ、フライパンで焼いちゃうよ。ぜんぜん。
し:へー。でも、フライパンもいいけどさー
つ:うん。
し:ちょっと、違うじゃない。なんか。
つ:んー。エリンギとか、よく買うよ。
し:あー。
つ:エリンギ。
し:エリンギは、鍋に入れる。
つ:おいしい。スゴイおいしい。うん。もう1枚いきましょうか。
し:うん。
(お便り:わたしもキノコ大嫌いです。色がイヤです。なんか暗いです。
      そんなこと言っちゃいけないのはわかってますが、でも、やっぱり嫌いです。)
し:んー、わかるねー。
つ:キノコ嫌いな人いますけどねー。
し:うんー。
つ:おいしいのにねー
し:おいしいなー
つ:おいしいのにー。うんー。
し:ね、松茸って、なんであんなに希少価値が上がってんの?
つ:やっぱ、香りとか… 数も少ないんじゃない?
し:数がやっぱ、全然少ないのかな?
つ:うん、圧倒的に少ないんじゃない?やっぱり。大きいしさ、あんな1コ。
し:なんかさ、できないのかなー。ま、やってんだろうけどー
つ:うん。
し:椎茸とかさ
つ:栽培できないかってこと?
し:同じくらいの量でさ、栽培できないもんだろうかねー
つ:できないんじゃないの、やっぱり
し:できないんだ。
つ:うんー。あの、自然になってんのが。んー。
  ポルチーニとかね、向こうの。
し:ポルチーニ茸。
つ:おいしいよね。
し:おいしい。
つ:うんー。すっげーウマいよ、ポルチーニ。大好き。
  ポルチーニのリゾットとかない?たまに、イタリアンなんか行くと。
し:ある。ウマい。
つ:ウマいよね~(笑)
し:ウマいね。
つ:なんなの?アレ。超うまいよね。ポルチーニってね。
し:うまい。
つ:あれ、高級食材…
し:ポルチーニ茸の刺身みたいなのない?食べたことある?
つ:うん、なんか、なんか。高級食材でしょ?やっぱ、ポルチーニって。
し:高級なんじゃないの?
つ:うんー。マッシュルームとか、生で食べたらおいしいよ。結構。
し:うまい。
つ:うまい。マッシュルーム。
し:キノコ、うまいね。
つ:ウマいよ!キノコ、絶対。うんー。もう1枚。
(お便り:キノコを最初に食べた人って、エライと思いません?
      これ食べてみようって気になりません。)
つ:エライと思います。これ食べてみようって気になりません。ならないんだ。
し:いやー、なるでしょー。最初の人ー。
つ:なるかなー?
し:だって、山ん中とかにー、いきなりあんなんあるんだよ。
つ:うん。丸くて、なんか、ホワホワしている感じで。
し:毒的なさー、スーパーマリオに出てきそうなさー、毒的なのはさー
つ:うん。
し:やべーって、きっと最初の人思ったかもしれないけどー 
つ:うん。
し:って言ったら、全部そういう風にも見えるね(笑)
つ:たしかにね。うん。
し:舞茸とかも、ちょっと怪しくは見えるよね。でも、よく食ったね。
つ:うんー。
し:いや、でも食うでしょ。
つ:ま、食ってみるだろうね。あれ、毒があるやつって、焼いてもやっぱりダメなのかなー
し:ダメでしょ。
つ:ダメかな?
し:ダメでしょ。
つ:んー…
し:山菜… 山形で座頭市撮ってる時とかに、山菜を採っててさ
つ:うん。
し:そんときに(笑)、ヘンなキノコがいんのよ、やっぱ。
つ:うん。やべーな、これ。みたいな?
し:いや、でもね、最初はね、ちょっと食いたくなるのよ。
つ:あー。
し:いけんじゃないの?って思うんだけどー、よく近よってみるとー
つ:うん。
し:胞子的な、なんかこう(笑)あの、「あ、これまずいだろう」って空気があんのよ。
つ:うん
し:その感じで、きっと昔の最初に食べた人とかはー、とりあえず片っぱしから食ったんじゃない?
つ:うん。で、これはなんか、ヤベー、腹痛くなる…
し:こりゃ、うまいよ~っていうのが広がってーとか
つ:うん。
し:これ食ったら、あいついなくなっちゃったんだよねー、とかさ(笑)
つ:うん(笑)フグなんかもそうみたいだよねー
し:へぇ~~
つ:うん、フグなんかも。
し:最初に食った人がさ、食えるキノコじゃないやつ?
つ:うん
し:毒的なキノコばっかりを何人も食ってて。そしたら、もう食わなかっただろうね。
  人類は。キノコを。
つ:うん、うん。そうだね。それは、そうだよね。
し:平気なキノコがあるなんていうのを発見できなかったかもしれない。
つ:うん。あー、おもしろいねー。  さー、今日はじゃあそんなところで。
し:はい。
つ:9月のマンテ、終了でございます。
し:ん。
つ:来月のマンテ、発表します。来月のマンテ、10月のマンテは「切ない2009秋」。
  切ないエピソードを大募集してます。切ないときは、哀しさや恋しさで
  胸がしめつけられることを言います。あなたの切なさを僕たちに教えてください。
  宛先は、(宛先~) たくさんお待ちしておりまーす。
し:それでは、ここで1曲。UKの№1、DJであり、プロデューサー、CALVIN HARRIS。
  「I'M NOT ALONE」
(曲~♪)

<普通のメール>
し:ということで、たまにはこちら。普通のメール。
つ:普通のメールを普通に読みます。普通だから、あくまで普通です。
  でも、ここから何かが誕生するかもしれません。しないかもしれません。
  それが普通ということです。  
し:はいー。それでは、さっそく紹介していきましょー。読みましょうか。
つ:はい。
(お便り:おふたりに訊きたいことがあります。スマッシュでも度々話題にあがっていますが
      おふたりは女性の下着ってそんなに好きですか? 
      実はそんなに好きじゃないと思うんです。男の人って。
      じっくり見たいとか思わないですよね。わたしの友だちは彼氏が変わるたびに
      下着の色も変わります。「なんで?」って訊いたら、彼氏の好きな色にしたいからって
      わたしは、そんなのおかしいって思いました。
      一緒に通販で下着を選んだりするっていうし、すごいいやらしいって思いました。
      それって愛ですか?わたしは、いつも自分の好きな下着を身に着けていたいです。
      彼氏に合わせたりしません。でも、それっておかしいのでしょうか。教えてください。)
つ:…
し:はい、どうぞ。答えてあげて(笑)
つ:いや、ど、なんな…すごいなんか、アレだね。あのー、すごい、そのものに対して
し:(笑)
つ:こう、気持ちがすごい高いよね(笑)なんか。アツいよねー(笑)かなりねー
し:アツイ(笑)
つ:アツいよねー
し:リンちゃん、アツいわー。
つ:どう、別に僕は、なんだろう。彼女が彼氏に、なんかこう、合わせるのがヘンじゃない…
  ヤ、ヘンじゃないと思うんだけどなぁ。
し:んー。
つ:リンちゃん、ヤなんでしょ?それは。
し:リンちゃんはー、すっごいいやらしいと思ったんだって
つ:あ~。
し:その感じ。
つ:うんー。フフフ(笑)
し:ハハハ(笑)
つ:いやー、いろんなほら、形があるじゃない。愛にもさ。恋愛にもさ。
し:じゃ、いろんな形のひとつってことですか?
つ:んー。
し:それって愛ですか?って書いてあるよ(笑)
つ:んー。
し:わたしはー、リンちゃんはねー
つ:うん
し:いつも自分の好きな下着を身に着けていたいです、と。
つ:うん。そういうリンちゃんも
し:うん
つ:恋愛してね、ねー、ま、今してるのかわからないんですけどー
し:うんー
つ:彼がね、ほんとに好きな彼がさ
し:うん
つ:そういう…下着、ちょっと着けてよって言われたらさ、そういうリンちゃんだってね
し:うん。
つ:たぶんね、変わっていくときもあると思うんですよ。
し:んぁー
つ:今はそういう風に言っててもさ。だからさ
し:どうしても、着けて欲しいと
つ:そうそう。すごい好きな彼がそういう風に言ったらさ
し:うん。
つ:したら、それはたぶん、愛と思う…感じるかもしれないよ。リンちゃんだって。
し:あれ?これは愛かもしれない、って。
つ:うん。ちょっと嬉しい自分がいたりしてさ。
し:うんー。
つ:あ、彼が喜んでくれてると思ったりするとさ。
し:うんー。
つ:だからさー、そんなさ、頭ごなしにさー(笑)、「それはいやらしいです」とかさー
  それはリンちゃん、ないんじゃないの?それはさー。うんー。
し:うんー。下着は好きですか?って。
つ:好きだねー、やっぱね。
し:うんー。
つ:男の子、男って見てると思うよ。重要、重要。
し:んー。
つ:うんー。なんかやっぱり。んー。
し:下着ねー。下着がだってもう、見えるもんねー。あの、Tシャツとかで透けてこう見えるときってー
つ:うん
し:そのTシャツを、なんかこう、何て言うんですか?それこそ、ベジータな感じですよ。
  スカウターな感じでさ
つ:うん
し:オレもう、見えるもん。最近。
つ:下着が見えるんですか?
し:Tシャツの下の下着が。
つ:それ、妄想じゃないですか?(笑)
し:いや、ちょっとラインとか、ちょっと見えるじゃん。
つ:あー。白いTシャツとかだったら?
し:そうそう。ラインとか、色とか、なんとなくレースがある感じとか見えるでしょ?
つ:うん、うん。
し:それがー、より濃く見えるよね。最近は。
つ:あ、ほんとー。
し:もー
つ:なんか、想像とか?
し:ここまでくるとさ。
つ:プロは?プロ中のプロってこと?
し:そうそう。「うわ、透けてるー」じゃないよね。
つ:あ、普通にもう
し:もう、直で見えてます。
つ:うん
し:だ、透けてんのが見えた時点で、オレには下着姿だよね。
つ:スゴイねー(笑)
し:アハハハッ(笑)見えない?そういう風に。
つ:いや、そこまではいかないな。
し:あー、まだそれかー。
つ:なにそれ?(笑) まだそれかー、って。甘い?まだ。
し:んー、まだまだだなー(笑)
つ:んー。でも、うん、下着…重要ですよ。やっぱり。んー。
  歳、をさ、重ねれば重ねるほどさー、
し:んー
つ:大事になっていくんじゃないですか?そういうのやっぱり。
  まだほら、ハタチとかさ、10代だとさ、なんかアレだけど。
  大人になっていったらさ、やっぱ、それもファッションのひとつとして大事でしょ。たぶん。ね。
し:んー。いやー、でもさー、もう最近の若い子たちはもう、早いもんですよ。
つ:うん。だ、大事にしようよ。
し:だって、10代なんつったって、10…10歳チョイつってさー、
  もう下着もおしゃれな下着着てるよ。今。  
つ:うん。
し:昔の10歳チョイつったら、もうイメージ、ワカメちゃんだよ。だって。
つ:うん。
し:ワカメちゃんがさ、ピンクの下着つけてるかって言ったらさ、想像もつかないじゃない。
  それが、今のコたちはもう、おしゃれな下着も着けてるよ
つ:うんー。そうね。
し:はい。
つ:はい。
し:というわけで、普通のメールでした。それでは、ここでCMと交通情報の後もヨロシクです。
  SMAPで「そっと、きゅっと」
(曲~♪)


スポンサーサイト

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

スマッシュ | 22:57:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。