■リンク

■s.m.a.p

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■プロフィール

pon

Author:pon
頭の中は、ほぼ草なぎ剛さんで埋まっています(笑)
月日がたつにつれ、熱が冷めるどころか上がる一方です。今年もモーレツアタックな剛くんについて行きたいと思います(^-^)
こんな私ですが、どうぞヨロシク♪

■FC2拍手

遊びに来ていただいて、ありがとうございます!

web拍手

↑ 気が向いたらポチッとお願いします♪

■最近の記事
■お友だちブログリスト♪

■リンク
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■フリーエリア

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■メールフォーム

メールはこちらからお願いします♪  お気軽にどうぞ。いろいろお話しましょ!

名前:
メール:
件名:
本文:

■ポンズラーくん

■ブログ内検索

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スマッシュ 10/18 その1
スマップ パワースプラッシュ 10/18 前半です。

オープニング ~ ヒューマン劇場


※誤字脱字、聴き間違い・聴き落としなどあると思いますがお許しください





<オープニング>
し:みなさん、こんばんは。香取慎吾でーす。
つ:草なぎ剛でーす。
し:いかがお過ごしでしょうか?今週はスタジオから、久しぶりのスタジオでーす。
  チェック、チェック、ワン、ツー
つ:ワンツー、ワンツー
し:あー!エコーってやつだ。これ~
つ:スッゲェ~!
し:スゲー!なんか、ラジオみたい。
つ:んー、いつもラジオやってんのに。
し:ねぇ~
つ:うんー。
し:楽しいねぇ~
つ:あ、あ、あ、あ。あぁー。ホントに…3ヵ月ぶりぐらい?そんくらい?
し:マジで?やった? あ、なんだ。やったんだ。
つ:あ、そっか、そっか。ま、でも久しぶりってことでね。
し:久しぶりだな~
つ:んー。
し:なんか、会うのも久々だね。
つ:んなことないでしょ。
し:ウソー。
つ:会ってるよ。ま、でも1週間くらいかな。
し:そっかー。それこそ、さっき話してたブラックアイドピーズ…
つ:いや、違うでしょ。そのあと、会ってるでしょ。…スマスマで会ってるよ。たぶん。うん。
し:え~~
つ:ブラックアイドピーズのコンサートやって、その次にスマスマで会ってる。そうだよ。
し:あぁ~、唐沢さんとか。
つ:そうそうそう。
し:あーー。
つ:うん。ね、ブラックアイドピーズのねぇ、コンサート一緒に見に行ってね。
し:そうそうそうそう。ブラックアイドピーズのコンサート、ツヨポンと観に行って
つ:うん。
し:アンコールで(笑)、ステージあがっちゃったのねー
つ:そうそうそう。まさか、ホントに出ると思わなかったよねー(笑)
し:ネェ~。歌っちゃえよ!みたいな感じで
つ:うん。
し:オ~ケ~、やっちゃうぜ!みたいな感じ
つ:そうそうそう(笑)
し:そしたら、出ちゃってねー。本当にねー
つ:そうそう。ホント、楽しかったねー。
し:超楽しかったよねー。
つ:うんー。じゃ、そのときの曲、聴いてみようか。
し:そうだね。最高のフィーリングだったからねー。
つ:うん。じゃ、ちょっと
し:ブラックアイドピーズで、「I GOTTA FEELING」
(曲~♪)

<マンスリーテーマ>
つ:マンスリーテーマ、略してマンテ。2009年10月のマンテは「切ない2009秋」です。
  切ないエピソード、大募集しております。
し:うん。
つ:切ないとは、哀しさや恋しさで胸がしめつけられることを言います。
  あなたの「切ない」を僕たちに教えてください。ということで、さっそく紹介してまいりましょー。
し:なんかさ、スタジオでさ、こうやってヘッドホーンして音楽聴きながらやるとさ
つ:うん。
し:ちゃんとやんなきゃな、って気持ちになるね。
つ:そうだね。なんか
し:あー。
つ:背筋がピッと伸びるね。
し:そうだね。
つ:うん。
し:合いの手とかも、入れなきゃなって思うもんね。
つ:うん。これがラジオなんだね。
し:そうだね~。いつもなんて、ツヨポン話してても、別にさ、鼻クソほじってる感じじゃん。
つ:うん。
し:なんかこう、話してるとさ、「おー」「ほー」とか言わなきゃなって気持ちになるよね。
つ:うん。
し:かったりぃー。
つ:いやいや(笑)ちゃんとやって。
し:ハハハ(笑)
つ:それがラジオですから。じゃ、さっそく紹介しまーす。
(お便り:切ない気持になる、秋の夕暮れ。はっきりした理由はなくてもそう感じることがあります。
      人にはあまり言えないことや、小さいいろんなことが重なって、
      切なさを一層引き立ててしまう季節の魔法。デスクトップをレトロな画像にし
      古い日本のJAZZシンガーの歌声を聴く。熱いコーヒーや紅茶が切ないほど美味しい。
      満月の中にウサギを見る。ススキがゆれる、切なさのある風情。
      キンモクセイの甘く切ない香り。どんなに切なくても力を秘めている、
      そんなものが周りにあることに感謝しなければ。
      流れやすい性格だから、切なさに流されてしまわないようにね。)
つ:秋だけに、こう詩的に来たのかな。
し:(笑)
つ:(笑)詩的に。
し:なんやこれ。
つ:ん?(笑)なんやこれ、じゃなくてぇ。
し:フフフ(笑)
つ:マンテの、ちゃんとしてますよ、これ。すごく(笑)
し:ハハハ(笑)
つ:素晴らしいじゃないですか、これ。
し:え?
つ:この、なんていうの?秋のぉー、この…ふ、なんか秋の、感じでてるじゃない。
  ほら、ススキが揺れる切なさのある風情とかさ。ね。
し:いや、いいじゃないですか。
つ:いいでしょ?
し:キンモクセイがイイね。キンモクセイの香り、僕、鼻悪くて、あんま匂いわかんないんだけどー
  キンモクセイの香りだけはー
つ:うん。
し:よくわかってー、すごい、し、知ってんの。
つ:うん。
し:あっ、秋、来たんだ!と思うの。
つ:あ、ほんとー。
し:わかる?キンモクセイの香り。
つ:オレ、わかんない。あんまり。
し:わかんないでしょ。
つ:うん。
し:今度、どっかでねー
つ:うん。
し:言われて、「これだよ」って、僕は覚えたからー
つ:うん。あー、あるんだー。
し:そうそう。
つ:たぶん、自分の中にあるんだけどー、意識してないからわかってないんだ。
し:そうそう、わかってないんだと思う。
つ:うんー。
し:急にあるよ。外出たら。「あっ!すごい、キンモクセイの匂い。」
つ:「秋だ」みたいな。
し:うん。
つ:あー。あるじゃん!そういう話。
し:あるけどぉー、
つ:あるじゃん。いいじゃん。
し:あえてこうやって書かれるとさー
つ:うん。いやいや、ハガキだから、これ(笑)
し:(笑)あえてかかれると、なんかさー
つ:書いてもらわないとラジオ成り立たないからさー(笑)
し:なーんてゆうの、ちょっとイラっとくるよねー。
つ:いやいや。はい、じゃあ、もう一枚行きまーす。
(お便り:男の人の乳首の毛って、なんか切ないです。1本とか生えていて、
      なんで抜かないのかな、と思います。アレ、なんて呼ぶんですか?)
つ:乳首の毛…は、乳首の毛じゃないですか?
し:うんー、乳首毛。
つ:乳首毛。
し:…気持ちいいよね、抜くとね。ち、乳首の毛を抜くのを快感に、僕は生きてます。
つ:えぇ~、痛くない?
し:あぁ~!(笑)
つ:昔…抜くなっていった人もいたよね。運が逃げるからって。
し:ああ~(笑)、いた、いた。
つ:いましたねぇ~
し:ある。そうそう
つ:ね。
し:おにいちゃんね、彼のね。
つ:うん。そうそうそう。
し:彼のおにいちゃんね。
つ:彼のおにいちゃんが(笑)
し:彼のおにいちゃんが抜くなっつって、
つ:うん
し:抜くなっつって、ほんと抜いてないつって、ふたりで見してもらったよね。
つ:うん、うん。
し:5センチくらいあるやつ(笑)乳首の毛が。5センチくらいあるんだ、ほんとに。ペロ~ンって。
つ:絶対、抜いちゃいけないんだよね。
し:そう。
つ:抜こうとすると、超怒るんだよねー。
し:「ふざけんな!」とかって、ぶん殴られるんだもんねー
つ:そうそう(笑)、彼のね。
し:そうそう。
つ:とある彼のおにいさんがね。
し:そうそうそう。
つ:すごい、ほんとに
し:彼のおにいさんが
つ:いましたね。
し:いましたね。
つ:はーい。もう一枚、いこうか。
し:はい。
(お便り:この夏、関西に遊びに行ったときに好きな人ができました。
      明るくて優しくて、女の子にもてそうなタイプです。ずっとメールでアプローチしてますが
      限界を感じます。でも、急に会いに言ったらひかれるかなぁ。
      好きになっちゃったし、とても切ないです。)
つ:あぁー、なるほどねぇー…
し:うん。
つ:でも、イチかバチか行くっていうのも手じゃないですか?もう。
し:んー、まぁねー
つ:諦め…諦められなければさ。
し:んー、結構ドラマ見たいに行かないよー。
つ:んー。でもねー、逆は結構効果あると思うんだよね。男が行くっていうのは。
し:どういうこと?
つ:男がー、このあいだ、なんかそんな話してたんだよ、ゴロさんと
し:うん。
つ:なんかー、その、なんかあったときにー、ケンカしたときとかー
し:うん
つ:男がー、彼女んちに行ったりするとー、結構、なんか許してくれる確率が高いんだって。
  吾郎さん的に言うと。
し:どこでしゃべったの?それ。
つ:ゴロさん。あのー、スマスマの楽屋で。
し:二人でそんな話してんの?
つ:そうー(笑)
し:なにやってんの、それ。
つ:だからー、それは、吾郎さんはほらやっぱりさー
し:うんー、でも、わかる気がする。わかる、わかる。
つ:男が行くっていうのはー、なんかね、女の人はなんかそこでー
し:うん
つ:もう来てくれたっていうことで、結構こう、嬉しくなっちゃってー
し:あー、それこそ白馬に乗った王子様が、あら、あらわれちゃったみたいなね
つ:なんかー、ひきはしないんだって。あんまり、なんか。
し:うんー。女の子がひとりでリュックサック背負ってくると、ちょっと…ちょっとひいちゃう感じ
つ:そうそう。女のコだとひくじゃない、なんかー
し:うんー
つ:なのに、男の場合はそれはひかない、みたいな話になって。ちょうど、その話してた。
し:へぇー。
つ:そう。なんだろうね。ちょっと重いのかな?やっぱ。女性が来ると、ちょっと。
  なんか。コワいのかな、ちょっと(笑)
し:いや、でも、どっちもどっちのはずなのに、ちょっとそのニュアンスはあるよね。なんでだろうね。
つ:なんだろうね。
し:んー。
つ:んー。
し:へぇー。
つ:なんだって。…って、言ってましたよ。吾郎さんが。
し:んー。
つ:はい、ということで今日は以上でございます。
し:はい。
つ:えー…「切ない話」2009年10月のマンテ、まだまだ募集しております。
  宛先、こちら。(宛先~)たくさんお待ちしておりまーす。
し:それでは、ここで1曲。「エンダ~♪」の…ホイットニーの大ヒット中の新曲です。
  WHITNEY HOUSTON で「MILLIONDOLLAR BILL」
(曲~♪)

<ヒューマン劇場>
し:とういうことで、延長決定のちょうどいい感じの新コーナー。
  「スマッシュ ューマン劇場」~
つ:みなさんのヒューマンドラマにスポットをあてて、心温まるエピソードで
  この現代社会を明るくしていきたいと思います。
し:ん。 
つ:BALLAD、なめのき恋のうた
し:なめのき(笑)
つ:名もなき恋のうた(笑)も、まさにヒューマン劇場です。よろしくお願いいたします。
し:はーい。
つ:さぁ、それでは紹介していきましょう。
(お便り:行きつけコンビニに、深夜お弁当を買いに行ったとき
      レジで「お弁当、温めますか?」と訊かれて、「あ、お願いします」と答えたら
      店員さん、おじさんに「世間は冷たいけど、お弁当は温めた方がおいしいからねぇ~」
      と言われて、おじさんとふたりで笑ってしまいました。
      おじさんは、わたしがお弁当を選んでいたときに泣いているのを見ていたようで
      励ましてくれました。本当は、コンタクトが乾燥していたから泣いていただけだったのに。
      おじさんの優しい気持ちが、なんだか嬉しかったです。)
つ:(笑)
し:いい話だね。
つ:いいねー。
し:よく出来てるよー。
つ:うんー。
し:よく出来てる、これ。
つ:うん。
し:作家か?これ。
つ:いや、作家じゃないでしょ。
し:これ、よく出来てるよー。
つ:ねぇ。まぁ、なんか、そういう一言って、なんか、心温まるよね。なんか。
  「世間は冷たいけど、お弁当は温めた方がおいしいからね。」ね。
し:あー、わかる。心温まる一言って、結構好きなんだけどー
つ:うん。
し:オレ、ときどき言いすぎてー
つ:うん。
し:スタッフの女の子とか頑張ってる姿見るとさ、なんか、ちょこっと「頑張ってね」とか言うと
  「あー、はいー、べつにぃ」みたいな。
つ:うん。
し:そう、サラリとかわされることあんのよ。ときどき。
つ:うん。
し:すげぇショックなんだ。
つ:ンフフフ(笑)ショック?
し:ショックでしょ?(笑)すごい辛そうだな~、と思ってー
つ:うん
し:でも、女のコなのにね、すごい頑張ってやってんなー、とか思ってさ、
  ちょっとしたときに声掛けたりすんの。
つ:うん。
し:「平気~?」とか「大丈夫?」とか。
つ:うん。
し:「あ、全然大丈夫ですっ」…いや、しゃべりかけないでください、みたいなー
つ:フフ(笑)うん。あ、まーね。それ、あるねー。
し:あるでしょ?そういうとき。
つ:うん。気遣ってんのにー
し:うんー
つ:うん。
し:ま、正直ぶん殴ろうと思うよねー。
つ:いやいや(笑)、ぶん殴っちゃいけないと思うけど
し:クックック(笑)
つ:じゃ、もう一枚いこっか。
し:はい。
つ:長いですね、このハガキは。
し:え、なに?なんか、長いと読むのがめんどくさいみたいな。
つ:いや、そんなことないですけど(笑)じゃ、サラッと読みますよ。
  (チッ)ラジオネーム…
し:なーんで、今ちょっと舌打ちしたの?(笑) 「チッ」って。
つ:いや、ちがう、口の調子を整えて(笑)
(お便り:先日、映画館で「BALLAD」を観たとき、とっても温かく、ほのぼのした光景を見ました。
      それは、わたしのとなりに座っていて映画を見ていた若いカップル。
      上映前は仲良く話をしている二人でしたが、映画が始まり後半に差し掛かると
      そのカップルから鼻をすする音が聞こえ、ポップコーン用のペパーナプキンで
      涙を拭いているのがチラッと見えたのです。
      れも、その泣いているのは彼氏の方だったのです。
      映画が終わりライトがついてからも、そのカップルはシートでじっとしていました。
      そして立ち上がると、さっきまで泣いていた彼氏がそっと彼女が持っていた荷物に
      手を差し伸べて、「オレ、持つよ」と、彼女が持っていた荷物を全部持ってあげたのです。
      そして彼女も、彼がさっきまで泣いていたことは気付いていたとしても
      それには何も触れず、優しく微笑んで「うん」と答えました。
      なんか、そのふたりの様子を見ていたら、
      あ、ここに又兵衛さんと廉姫の想いが伝わっているんだなぁ、と思ってしまいました。
      映画を観たあとの、幸せな一幕でした。)
つ:あ、いい話でしたね。
し:んー。映画に影響されて。ふたりの恋がヒートアップして。こいつら、バカップルだな。
つ:いやいやいや(笑)これは、いいお客さんですよ。ほんとに、ありがとー。
  嬉しいですよ、ほんとにー。映画観てくれてー、感動してー
し:フフフ(笑)こりゃちょっと、うまく出来過ぎてんな~
つ:いや!ほんとに、この人はねー、いい人だよ。この、このカップルはねー
し:うんー
つ:幸せになれますよ、ほんとに。すごい
し:完璧じゃない、これー。
つ:最高。長いなーっと思った文章だったけどー、すごいイイ文章でありがとうございます。
し:これ、東宝の宣伝部がかいたんだな。これ。
つ:いや、違います、違います。このあいだ僕、自分で自分の映画観に行っちゃった。
し:うそ。
つ:ホント(笑)超ウケるでしょ。
し:うんー。
つ:でもー、前に座ってた女のコ
し:うんー
つ:泣いてたのよ。
し:スゴイじゃん!
つ:スゴイよー!嬉しかったよ。夜行ったんだけどね。
し:うん。
つ:うん、ま、そこそこ入ってて。
し:うん。
つ:すっげードキドキしたけどー、なんか、バレんじゃねーかなとか思ってー(笑)
し:うんー
つ:バレなくてー。最後、出て行くタイミングどうしようかなーとか思ってー
し:うんー
つ:エンドロールくらいで出て行ったんだけど、全然バレなくてー
  でも、ほんと若い女のコ、前に座ってた女のコ、泣いてんのよー。
し:ウケる。
つ:でも、気になんのねー。リアクションが。
  横の人とかも、どういうところで泣いてんのかなー、とか。
し:ひとりで行ったの?
つ:ひとりで行った。
し:スタッフの人誰かとか
つ:いない。
し:ひとりで行ったの?
つ:マジで、ひとりで行った。
し:アハハッ(笑)
つ:すっごいドキドキしてんの、あれって、しかも。
  なんかー、始まるときとかに、なんか、立つ人とかいるじゃない。
し:うんー。
つ:えー、何で行っちゃうのー?みたいな。今からはじまるのに、なんで行っちゃうの?とか
  途中でトイレ行くんだよねー、あれね、何人か。
し:うん。
つ:なんで、ここでトイレ行くの!?みたいな。早く帰ってこいよー、みたいな。すっごいウケるよ。
し:へぇ~~
つ:行きましたよ。泣いてた。若いコ。嬉しかった。
し:オレ、マジックアワー?有頂天のときかな?三谷さんと一緒に観に行った。
  一緒に行こうって誘われて。
つ:へぇ~
し:三谷さんと、スタッフの人何人かと観に行ってー、夜、深夜の回。
  観に行ってー、でも、何人かこうやってお客さん来てるでしょ?
つ:うん。
し:で、そしたらさ(笑)
つ:緊張するんじゃない?
し:全部ロールが終わるくらいんときに、だ、入ってくと三谷幸喜なわけですよ、もう。客席が。
つ:うんうん。
し:みんな、なんとなくもう気づいてんの。暗い中入ってるんだけど。
つ:うん。
し:で、全部ロール終わって、終わったのにー、挨拶したよ、ふたりで。こうやって立って(笑)
  その、少ない舞台挨拶みたいな感じでー。
  ほんで、みんなさ、カップルとかがさ、後ろ向いてー、後の方で観てたら
  したら、みんながスタンディングオベーションみたいなしてくれて(笑)
  そんなにいないよ、でも、夜中の最後の回とかだから。
つ:うんうん。
し:で、みんな拍手してくれて。
つ:いいね、でもね。
し:そんで、二人で挨拶して。「今日は、ありがとうございました。」って。
つ:うん、いいね。 
し:そうそう。
つ:いいね。
し:ね。
つ:はい、ということで、以上でございます。
し:はーい。さ、スマッシュ初の社会派コーナー「スマッシュ ヒューマン劇場」。
  皆さんの周りで起きたヒューマンドラマをお待ちしております。
  ショートでも構いません。ふるってご応募ください。CMと交通情報の後もよろしくです。
  それでは、ここで1曲行きましょう。SMAPで
し&つ:「そっと、きゅっと」
(曲~♪)


スポンサーサイト

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

スマッシュ | 00:52:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。